気に入った包丁を長持ちさせる方法

>

様々な大きさや形がある包丁

和包丁と洋包丁

包丁には大きく分けて和食で使われてきた「和包丁」と、洋食で使われてきた「洋包丁」があります。
「和包丁」は片刃で、蛸引包丁やふぐ引包丁など、用途に特化した包丁が多いのが特徴です。
対する「洋包丁」は両刃で、いろいろな用途に使えるものが多いです。
「どんな包丁を買えばよいかわからない」という場合に選ばれる「三徳包丁」。
「洋包丁」の牛刀と、「和包丁」の菜切り包丁のいいとこどりして作られた包丁で、肉、魚、野菜、どれでも切れる、オールマイティーな包丁です。
刃渡りがおよそ15~17cmで、一般的なまな板で作業するのに丁度良いサイズです。
魚料理が多いご家庭で重宝されるのが、「和包丁」の出刃包丁と刺身包丁(柳葉包丁)。
出刃包丁は魚の骨も断為、刃は厚めで、刃渡りは15cm程と短め。
逆に、刺身包丁は魚の組織を壊さないように、奥から手前に引いで切るため、刃は薄目で刃渡りは21~24cmと長めです。

便利な包丁

三徳包丁の原形ともなり、「洋包丁」の中で最も便利な包丁と言われている牛刀は、刃渡りは20cm位で長めです。
三徳包丁よりも先がとがっていて、肉を切り分けたりする以外に、キャベツの千切りなど、細かな作業もスムーズにできます。
この牛刀をもっとコンパクトにしたのがペティナイフです。
元々「万能包丁」と言われるほど使い勝手の良い牛刀の小型版で、刃渡りは13~15cm位が主流で、繊細な細工仕事などに向いています。
野菜や果物の皮むきはもちろん、魚や肉を切り分ける作業もこなせるので、ペティナイフをメインとして使う方もいらっしゃいます。

なかなか家庭で中華包丁を持つ方は少ないかもしれませんが、切る、叩く、千切り、細工が1本でできるという便利な包丁です。
刃渡りは、家庭用であれば20cmほどが主流です。
重たいのが難点ですが、その重さで、魚の骨も簡単に断つことができる力強さも魅力です。