気に入った包丁を長持ちさせる方法

包丁を長く使うには

良い包丁の見極め方

包丁に適した素材には大きく分けて鋼、ステンレス、セラミックがあります。 刃が摩耗して切れ味が悪くなった時には研ぐことで復活させることができますが、素材によって使用する道具は変わります。 それぞれの素材の特性について理解しておくことも、包丁選びには重要です。

様々な大きさや形がある包丁

一口に包丁と言っても、素材以外にも、形状の異なるものが多くあります。 平均して、ファミリー層のご家庭では平均して4本だそうです。 もちろん、同じ用途、形状のものではなく、それぞれ異なる包丁です。 万能包丁と呼ばれる「三徳包丁」をはじめ、様々な包丁があります。

気に入った包丁を長く使う

ご自分に合いそうな素材や形を吟味して、お気に入りの包丁を手に入れたら、できるだけ長く使っていきたいものです。 そのためには、使い方やお手入れにも気を付けたいポイントがあります。 特に、お手入れについては素材によっても変わりますので、注意が必要です。

素材による包丁の特性

お料理に欠かせない道具の一つが包丁です。
よく切れる包丁でトマトをスパッと切ると、見た目も瑞々しく、美味しさが倍増しますよね。
切れ味によって料理の味を左右すると言っても過言ではないほど、大切な働きをしてくれる包丁。
心地よい切れ味を長続きさせる秘訣、それは、「良い包丁」を選ぶ事です。
良いものは「高い」というイメージがついてきますが、包丁においては、実は値段がクオリティに直結しているのです。

包丁等の刃物は、使っていくと刃の部分が摩耗します。
どんなに鋭利に研がれた刃も、この摩耗によって丸くなっていきます。
使っていくうちに、この摩耗は増していき、そして、切れ味が悪くなっていくのです。
丸まった刃は研ぐことで再び鋭利な形に整えることができ、切れ味を取り戻すことができます。
使う→刃が丸くなる→研ぐ→切れ味が戻る、という事を繰り返すわけです。
つまり、包丁が長持ちするための条件には、頻繁に研ぐことに適した「良い材料」、「良い焼き入れ」、「良い刃付け」が必要なのです。
これらを実現させるためには、どうしても製造にかかる費用が高くなります。
製造コストが上がれば、当然のことながら、販売価格も高くなってしまいます。
安ければ安いなりの低いクオリティどまり。
包丁等の刃物については、価格の差は顕著にクオリティに反映されるのです。

とはいえ、包丁に使用される素材も様々、形や大きさも様々です。
自分の使い方に合った包丁を選ぶという事も、長く使っていく秘訣でもあります。